MIntセミナーシリーズ開催のお知らせ
9月27日(火)脆性破壊/講師:東京大学・粟飯原 周二氏

材料

材料

データ科学手法(モデル選択)*WF準備中

概要
ベイズ統計の考え方に基づいて、データからどのモデルが妥当するのかということを選択するためのワークフローです。例えば、線形モデルの場合では、その中で使用されべき変数を、データに基づいて選択することができます。

開発者
本武陽一(統計数理研究所     統計的機械学習研究センター)

関連論文
[1] Data-based selection of creep constitutive models for high-Cr heat-resistant steel
[2] A universal Bayesian inference framework for complicated creep constitutive equations
[3] Descriptor extraction on inherent creep strength of carbon steel by exhaustive search

最終更新
2022-09-06

キーワード

関連するワークフローカタログ

グループ内ワークフロー例
[1] 情報論的自由エネルギーによる基底選択ワークフロー [*準備中]
[2] 界面破断におけるHAZ形状からの破断寿命推定計算-2 [*準備中]
[3] 界面破断におけるHAZ形状からの破断寿命推定計算 [*準備中]
[4] ベイズ自由エネルギー [*準備中]

TOP