MIntセミナーシリーズ開催のお知らせ
9月27日(火)脆性破壊/講師:東京大学・粟飯原 周二氏

材料

材料

ニッケル基超合金の凝固 *WF準備中

概要
熱力学平衡計算をベースにしたScheil凝固の計算において炭素の分配をパラ平衡で取り扱った場合のNi基合金における固相液相の共存温度範囲の計算ワークフロー。

開発者
源 聡(NIMS)

関連論文
[1] フェライトの成長速度計算

最終更新
2021-09-22

キーワード

関連するワークフローカタログ

グループ内ワークフロー例
[1] Thermo-Calc実行(パラ平衡)[*準備中]
[2] Thermo-Calc実行(オルソ平衡)[*準備中]

TOP