材料

材料

ニッケル基超合金の時効熱処理

概要
ニッケル基超合金について、時効熱処理条件から、γ/γ’2相組織の時間発展を計算し、その結果に基づいて、高温強度を予測します。ニッケル基超合金のモデル材料としてNi-Al二元系を対象としています。組織の時間発展はフェーズフィールド法で計算しています。得られた二次元組織情報から、γ’のサイズや体積率、γのAl濃度などの統計量を計算し、これに基づいてγ’による析出強化や固溶強化を考慮した経験式から高温強度やクリープ特性等を予測します。

開発者
小山 敏幸(名古屋大学)、長田 俊郎、BULGAREVICH Dmitry、出村 雅彦(NIMS)

関連論文
[1] Understanding the anomalous discontinuous precipitation in cu-ni-x (x = co,fe) alloys based on calphad method and phase-field simulation
[2] Development of Microstructure Simulation System in SIP-Materials Integration Projects

MIntMedia(MIコンソ会員向けチュートリアル)
NiAl熱処理シミュレーション

最終更新
2021-10-27

キーワード

関連するワークフローカタログ

グループ内ワークフロー例
[1] NiAl熱処理シミュレーション(等温時効+連続冷却または加熱、個数指定、Fast2DVersion2、質量分率、2μmSQ、初期場ランダム、リスタート対応版、Dupin)
[2] NiAl熱処理シミュレーション(等温時効+連続冷却または加熱、Fast2DVersion2、質量分率、2μmSQ、リスタート対応、Dupin)
[3] NiAl熱処理シミュレーション(等温時効+連続冷却または加熱、Fast2DVersion2、質量分率、10μmSQ、リスタート対応、Dupin)
[4] NiAl熱処理シミュレーション(等温時効+連続冷却または加熱、Fast2DVersion2、質量分率、10μmSQ、初期場ランダム、リスタート対応版、Dupin)
[5] NiAl熱処理シミュレーション(等温時効+連続冷却または加熱、Fast2DVersion2、質量分率、10μmSQ、初期場粗大化初期、リスタート対応版、Dupin)

TOP