材料

材料

アルミ5000番溶接部強度予測 *WF準備中

概要
固溶強化型アルミニウム合金の溶接部の強度を予測するためのワークフローです。溶接部の形状と溶融部・HAZ・母材の初期Mg量から、経験式に基づいて各部位の結晶粒径とMg量を推定します。さらに、推定した結晶粒径とMg量から、予測式に基づいて、各部位の応力・歪み曲線を求めることができます。

開発者
井上純哉(東京大学)

関連論文
[1] Prediction of the Mechanical Properties of Aluminum Alloy Using Bayesian Learning for Neural Networks
[2] Development of Data-Driven System in Materials Integration
[3] Bayesian inference of grain growth prediction via multi-phase-field models

最終更新
2021-09-22

キーワード

関連するワークフローカタログ

グループ内ワークフロー例
[1] マクロ特性予測ワークフロー[*準備中]

TOP