MIntセミナーシリーズ開催のお知らせ
9月27日(火)脆性破壊/講師:東京大学・粟飯原 周二氏

材料

材料

鉄鋼溶接部疲労予測(高精度)

概要
鉄鋼溶接継手の疲労寿命を高精度に予測するためのワークフローです。溶接シミュレーションから熱履歴と残留応力を計算し、熱履歴からは溶接部のミクロ組織を予測します。さらに、溶接部材の形状から、有限要素法によるマクロな変形解析を行い、疲労き裂が発生する可能性の高い弱部を特定します。この際に残留応力も考慮に入れています。

開発者
白岩 隆行、‪BRIFFOD Fabien 、榎 学(東京大学)

関連論文
[1] Monotonic and cyclic anisotropies of an extruded Mg–Al–Ca–Mn alloy plate: Experiments and crystal plasticity studies
[2] Acoustic emission analysis during fatigue crack propagation by Bayesian statistical modeling
[3] Nucleation and propagation modeling of short fatigue crack in rolled bi-modal Ti–6Al–4V alloy
[4] Data Assimilation in the Welding Process for Analysis of Weld Toe Geometry and Heat Source Model
[5] Evaluation of hydrogen-induced cracking in high-strength steel welded joints by acoustic emission technique

最終更新
2021-09-21

キーワード

関連するワークフローカタログ

グループ内ワークフロー例
[1] 高精度疲労予測計算(直接データ入力方式)_01

TOP