MIntセミナーシリーズ開催のお知らせ
9月27日(火)脆性破壊/講師:東京大学・粟飯原 周二氏

材料

材料

鉄鋼溶接部クリープ予測

概要
鉄鋼溶接継手のクリープ寿命を予測するためのワークフローです。溶接条件から熱履歴を計算し、そこから熱影響部を特定することで、溶接マクロ組織を粗視化します。粗視化した母材、熱影響部、溶接金属部分に適切な材料特性を付与して、クリープ損傷解析を有限要素法により計算し、クリープ寿命を予測します。

開発者
田淵 正明、伊津野 仁史、出村 雅彦(NIMS)、阿部 大輔、鳥形 啓輔 (IHI)

関連論文
[1] Damage Model Determination for Predicting Creep Rupture Time of 2 1/4Cr–1Mo Steel Weld Joints
[2] Data-based selection of creep constitutive models for high-Cr heat-resistant steel

終更新
2021-09-21

キーワード

関連するワークフローカタログ

グループ内ワークフロー例
[1] WFAS6利用_code_aster_FEMCCV解析
[2] クリープワークフロー [*準備中]

TOP